サービス付き高齢者向け住宅とは


Q.そもそも「サービス付き高齢者向け住宅」って何?
 
 
 平成27年度より、『地域包括ケアシステム』が本格的に稼働しました。

 これは、「重度の介護状態になっても可能な限り最期まで住み慣れた地域でその人らしく暮らせる事」を目的に、国が一律で決めるのではなくその地域の実情に見合った介護・医療体制を、それぞれの地域が構築していくと言うものです。

 その一端として、個々の事情で在宅生活の継続が困難になった方でも、その地域で生活を続けていけるように整備されている住宅が「サービス付き高齢者向け住宅」で、通称を「サ高住」と言います。施設や病院ではない、新たな選択肢のひとつと言えます。

 「サ高住」は、大きく二分すると、自立した方向けの「住宅型」と、介護を要する方向けの「施設型」があります。前者は各部屋に台所や浴室がある一般的な賃貸住宅に近いもので、後者はそれらが共用スペースでまかなわれています。


Q.「高専賃(高齢者専用賃貸住宅)」との違いは?
 
 もともと、高齢者が借りやすいように制度化された賃貸住宅が「高専賃」でしたが、設備やサービスに規定がなかったため様々な施設ができました。それらを一本化して改めて制度化されたのが「サ高住」です。

 「サ高住」は日中ケア専門職が常駐して「安否確認や生活相談といった最低限のサービス」を提供する事と、建物の「バリアフリー環境」が義務付けられている事が特色です。


Q.「有料老人ホーム」との違いは? 
 
  一般に「有料老人ホーム」は、一時金を支払って施設やサービスを利用する権利を購入する契約形態であり、施設によって内容は異なるものの介護サービスなども包括的に提供されます。

 それに対して「サ高住」は賃貸借契約が前提で、サービスを自身に合わせて選択していける点や、高額な入居一時金も不要なため入退去の自由度が高い点が特徴です。


Q.「老健(介護老人保健施設)」や「特養(特別養護老人ホーム)」との違いは?
  
 上記の2施設は、介護保険が定める"施設"にあたるのに対して、「サ高住」は"賃貸住宅"にあたるため在宅と同様の扱いとなり、訪問などの在宅サービスを受けていただけます

 ちなみに、「老健」はリハビリを目的とした施設であるため3~6ヶ月での退所が前提であり、また、「特養」は要介護3以上の方が利用できる施設で長期の入所が可能ですが、安価な事もあって待機者が多いため、希望時にすぐに入所できない事も多いようです。

 また、点滴や人工呼吸器などを使用していると入所ができない施設も多いのが実情です。
 
 
Q.「サ高住」を選ぶ時の注意点は? 
 
 高齢者単独世帯が増加して行く中で、住み慣れた地域で、在宅に少しでも近い環境でなるべく安心・安全に過ごすために「サ高住」を選択される方の割合が、この先益々増加する事が考えられます。
 
 ただし、施設のように明確な基準がない分、「サ高住」は運営事業所によって特色が実に多様ですので、ご自分に合った場所をしっかり吟味して選択していただく必要があります



施設情報

合同会社ベル
 ■ TEL
  0594-84-2011
  FAX
  0594-84-2012
 ■ 所在地
  三重県いなべ市北勢町
  畑毛670-1
.............................

訪問看護ステーションわかば いなべ出張所 /
ケアマネステーションわかば
 ■ TEL
  0594-84-2011
 ■ FAX
  0594-84-2012
 ■ 所在地
〒511-0202
三重県いなべ市員弁町
楚原868-13(地図)
.............................

サービス付き高齢者向け住宅

マ・ファミーユわかば
 ■ TEL
  0594-33-2733
 ■ FAX
  0594-32-0877
 ■ 所在地
  三重県桑名市星見ヶ丘
  9丁目807番(地図)

訪問看護ステーション
わかば
訪問介護ステーションわかば
 ■ TEL
  0594-32-0876
 ■ FAX
  0594-32-0877
 ■ 所在地
  マ・ファミーユわかば内


24時間対応
詳しくはお問い合わせ下さい
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード

*訪問者数*******
カウンター
**************